利用者の質向上を

今やネット上のサービスは非常に多様化しており、そもそも動画を投稿できるサービスはYouTube以外にもあります。利用しやすさやレスポンスの良さに関してもYouTubeはもっとも使いやすい投稿サイト、と言えるかもしれませんが、そういった良いサービスがあるからこそ、乱用される権利も発生してきます。それが今回取り上げている、勝手に誰かの著作物をアップロードするような問題です。上映直後の作品がネット上にアップロードされているという問題が発生したこともあることから、やはり私達自身がその点でネットリテラシーを守って利用するべきであると言えるでしょう。またそういった注意書きは何の関心を持たれずに行われるものから、しっかりと私達の権利を主張するようなものであるべきです。

こういった点は私達に大いに関係していることであってもそもそもそれらのコンテンツを作成している私達の側が良く分かっていないことがあります。どのような用心のためにも、保険に加入しておくことはとても大切です。

サービスはそれを使う側がより良いマナーを守っていくならサービスの質の向上が向上して行きます。権利問題に関してはこれからもより精度が高くなって行けばと思いますが、それと同時にユーザーの質向上も課題です。