利用者の質向上を

今やネット上のサービスは非常に多様化しており、そもそも動画を投稿できるサービスはYouTube以外にもあります。利用しやすさやレスポンスの良さに関してもYouTubeはもっとも使いやすい投稿サイト、と言えるかもしれませんが、そういった良いサービスがあるからこそ、乱用される権利も発生してきます。それが今回取り上げている、勝手に誰かの著作物をアップロードするような問題です。上映直後の作品がネット上にアップロードされているという問題が発生したこともあることから、やはり私達自身がその点でネットリテラシーを守って利用するべきであると言えるでしょう。またそういった注意書きは何の関心を持たれずに行われるものから、しっかりと私達の権利を主張するようなものであるべきです。

こういった点は私達に大いに関係していることであってもそもそもそれらのコンテンツを作成している私達の側が良く分かっていないことがあります。どのような用心のためにも、保険に加入しておくことはとても大切です。

サービスはそれを使う側がより良いマナーを守っていくならサービスの質の向上が向上して行きます。権利問題に関してはこれからもより精度が高くなって行けばと思いますが、それと同時にユーザーの質向上も課題です。

類似するコンテンツの見つけ方

YouTubeのコンテンツIDは著作物と権利を守るものとなりますが、そもそも動画投稿サイトに投稿される動画は一日だけでも膨大な量が投稿されています。それらをいちいち手作業で確認してしまっていたら、スタッフがどれだけいても足りないでしょう。それはシステムによって管理されています。

少しでも類似点があったり音楽が同じだったりするのかという点で参照を行い、そういった類似するコンテンツを探そうとします。ですから、全てをもとの動画と比べて目視で確認する必要は無いのです。自動化されたシステムが行ってくれるという点では私達人間が確信するような目視での確認よりも実際は確率が高い方法であると言えます。

今までは私達の作ったコンテンツという観点から見てみましたが、いわばその逆もあり得る、ということです。例えば私達が、それと知らずに本来は著作物である動画や音楽をアップロードしてしまう、という場合です。この場合も投稿した動画は著作物違反により消されることがあります。これには、テレビゲーム、携帯ゲームの映像も含まれる場合があり、それはソフトウェアによって異なっている部分もあるので、ぜひ確認したうえで私たちはデータをアップロードするべきです。