著作権を守るためのもの

例えば、私達がオリジナルの映画を作成したとします。それはとても自信作で、全くのオリジナルなので多くの人に見てもらいたい、と思われるかもしれません。さて、そのようにして作成したコンテンツにも同様に、『著作権』が付与されます。私たち以外はその権利を侵すことはできません。

では、自分が作った動画や音楽が、知らないうちにほかのユーザーから全く無許可で同じものをアップロードされていたとしたらどのように思うでしょうか。きっと悔しい思いをするに違いありません。そちらの方が再生数が高かったり、勝手に加工されていたりするとそのように考えるのも無理はありません。

いくつかの動画投稿サイトでは、そのようにして本来は著作物であるはずの動画や音楽が勝手にアップロードされ誰もが見られるような状態になっていることがあります。それは明らかに、著作物を勝手に二次利用しているので侵害となります。ここで、権利者は『YouTubeコンテンツID』を取得しているなら、その侵害の対象となる動画や音楽に対してアクションを取ることができます。その動画から音が流れないようにとか、完全に動画を誰もが見られないように遮断することなどが含まれている、と言えます。

YouTubeコンテンツIDとは何か?

動画や音楽、そういったコンテンツが世の中に「あふれ返る」ようになったのは、つい最近のこと、と言えるかもしれません。昔はこのようなことは無く、私達はただ提供されているものを「見たり」「聞いたり」するだけでした。私達の方から何か能動的にコンテンツを作って行こうという働きはそこまで活発化していませんでした。しかし、現代はどうでしょうか。逆に私達の方が積極的にクリエイターとなって、世界に情報を発信して行っているのではないでしょうか。それには自分で作った映像や音楽が含まれます。それらを発信することによって、新たなコミュニティーを築くことができるのです。

さて、それが私たちの作ったものであっても、どのようなコンテンツであっても変わらないということがあります。それは私達がそれらに対して保有している『著作権』のことです。私たちはその形態に関わらず、オリジナルの動画や音楽を作成した時に、その作品に対して『著作権』を保有していると言えます。

既に作られたものに対しての権利は私達自身にあり、その権利を他の人が冒すことはできません。それは著作者を守るためのものです。私達がコンテンツを投稿したりする場所はSNS上などたくさんありますがやはり代表的と言えるのは、『YouTube』ではないでしょうか。今やそこから収益を上げている人もいるほど人気の動画投稿サービスですが、そこで私達の著作物、権利を守るための仕組みがあります。それが、『YouTubeコンテンツID』のことです。